2016年9月18日日曜日

サトウキビ食体験


現在、強い台風16号は、東シナ海を北東へ進んでいるようです。
皆様、台風に備えた準備、そして外出を控える等、くれぐれもお気をつけください。

今回は、8月の月窓亭の様子をお伝えします。
月窓亭スタッフのIさんが、当館にお越しくださるお客様の為に、
サトウキビを持ってきてくださいました。
島の重要な基幹作物であるサトウキビを、種子島では「おうぎ」と呼びます。

ちょうどお見えになったお客様に、サトウキビをナイフで小さく切って
食べていただきました。

見た目は、竹ですが、中は空洞ではありません。
食べ方は、端を少し切り落とし、皮を剥いていきます。
(皮は、とても硬いので歯で剥くと痛いです。
歯に自身の無い方は包丁やナイフを使うと良いです。)
サトウキビは、何度も噛みしめながら甘い汁を吸って食べます。
最後まで食べるには時間がかかりますが、美味しくて時間を忘れてしまうほどです。
  今では滅多にできない体験ですね。


体験したお客様より、お礼のメールが届きましたのでここでご紹介させていただきます。


8月23日(火)の朝、さとうきびをご馳走になったIです。
息子にとっては初めての味で、帰りの飛行機の中でも、家に戻ってからも「美味しかったね」と何度も言ってました。
私は何十年ぶりかの味で、小学校(山川小学校)時に友人と畑の土手で噛んだ味を思い出しました。
息子にとっても私にとっても思い出深い旅になりました。
今回は息子と二人旅(初めての)でしたが、次回は家族全員で訪れたいと考えています。
本当にありがとうがざいました。
   霧島市溝辺町 在住  M.I

   (出身は指宿市山川町です)
追伸
お屋敷を案内して下さったお姉さま方にも宜しくお伝え下さい。
「今度、お会いするまで・・・お元気で」と



Iさん、嬉しいメールをありがとうございました。
次は、ご家族でのお越しをお待ちいたしております。


2016年9月12日月曜日

秋の実り~リュウガン(竜眼)



9月に入りました。
昼間はまだまだ残暑が厳しいですが、一気に秋めいてまいりました。



8月は、1256名のお客様が当館へお越しくださいました。
暑い中、お越しくださいました皆様方、ありがとうございました。

今年は、庭内のリュウガンが2年ぶりの豊作を迎えています。
リュウガン(竜眼)の大木を下から見上げると、たわわに実ったリュウガンが
今にも落ちてきそうです。
リュウガンは、隔年豊作ではない植物なんだとか。








↓以下は、月窓亭でお育ちになった、第28代種子島家当主、時望氏のご息女、
元子様(現在、村川姓)のリュウガン(竜眼)の思い出をメールで送っていただいたものです。



「中目屋敷(現月窓亭)の竜眼の思い出」

私が育つ頃 竜眼の木は、今のところにはありませんでした。

四半的の後ろの崖の上に大きな竜眼の古木がありました。

幹も太く堂々とした木でした。わたくしたちは、竜眼とはいわず

「竜眼肉」と言っていました。ですから今でも私にとって

「竜眼肉」です。父時望に取ってもらってよくいただいていました。

その木は、古木でしたから節のところには、きくらげが生えていました。

私たちは、それを「みんちゃば」と呼んでいました。

今の木は、いつの頃か種が落ちて大きくなったのでしょう。

村川元子

寿種子島氏(第23代種子島家当主)子孫でいらっしゃる
きく子様(96歳)も昔は、「竜眼肉」と呼んでいたそうです。


今年の鉄砲まつりの月窓亭ブース「ポルトガルテントショップ」の模様、
8月の月窓亭の様子については、次回お伝えいたします















2016年8月18日木曜日

ポルトガルフェア in 種子島「南蛮再来」

 鉄砲まつり2016 月窓亭テントショップのご案内

いよいよ、種子島最大の祭り、鉄砲まつりが今年も開催されます。

月窓亭では、今年もテントショップを出店いたします。
今回は、月窓茶販売、種子島の書籍販売に加え、ポルトガル雑貨や食材、金平糖のつかみ取り、ポルトガルワインの販売が行われます。
そして、ポルトガルカフェ、東京銀座のBar エテルナも初出店します。
場所は、松浦金物店前広場です。

1543年、ポルトガル人の種子島漂着が南蛮貿易の端緒となりました。
大航海時代に隆盛を誇ったポルトガルが、日本にもたらした影響は貿易品だけではなく
様々なものがあります。
日本にとってポルトガルは、長い友好の歴史を持つ国の一つであり、
中でも種子島は、もっとも深い結びつきがあります。
そのポルトガルに敬意を表し、歴史に思いを馳せ、
ポルトガルテントショップを出店する運びとなりました。

↓CLAUS  PORT(クラウス・ポルト) 1887年創業
世界的に有名なラグジュアリーソープ 
別名 「香りの宝石」
↓お屋敷中、石鹸の良い香りが立ち込めています。
大サイズ:1500円、1000円  小サイズ:500円


↓くるみ入り天然はちみつ 1300円

↓ツナのオリーブオイル漬け 400円
↓大きなイワシのオリーブオイル漬け 400円


ポルトガルフェアに向けての準備が着々と進められております。
ポルトガルのお洒落な石鹸や食材がテントショップに並べられます。
↓詳細は、チラシをご覧ください。

沢山のご来場をお待ちいたしております。

創作音楽劇「海波の音」種子島公演

創作音楽劇「海波の音」種子島公演のご案内

いよいよ明後日(8月20日)、戦国時代に火縄銃の国産化に初めて成功させた
八板金兵衛清定の故郷、岐阜県関市の「関音楽劇の会」による
創作音楽劇「海波の音」公演が行われます。

種子島で偉業を成した八板金兵衛清定、笹川小四郎、そして若狭の功績をより深く知っていただける壮大な音楽劇です。
またとない機会、是非、多くの皆様のご来場をお待ち申し上げます。

日時:2016年 8月20日(土)
開演 15:30(開場 15:00)
会場 西之表市民会館ホール
入場料(全席自由) 一般:2000円 高校生以下:1000円
※当日券もございます。(当日も同料金)
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

チケット取扱所:西之表市~逆瀬川書店、和田書店、ツタヤ
中種子町~寺田書店
南種子町~河野書店
☆チケット、好評発売中!!
問い合わせ先:「海波の音」種子島公演実行委員会📞0997-28-3829

2016年8月10日水曜日

「南蛮再来」


鉄砲まつり2016 ポルトガルフェア
「南 蛮 再 来」
☆鉄砲まつりに、月窓亭テントショップ出店いたします。
今年は、ポルトガルブースを設けることになりました。
↓詳しくは、下記のチラシをご覧ください。



2016年8月9日火曜日

暑中お見舞い申し上げます


久しぶりの更新となりました。

夏真っ盛り、皆様、如何お過ごしでしょうか。


↓涼やかな月窓亭の池をご覧ください。




夏休みに入り、連日、多くのお客様で賑わっております。


↓南種子町より、「宇宙留学生」の30名が学習の一環で来館しました。
火縄銃の説明を熱心に耳を傾ける姿が印象的でした。


↓西之表市内の校長、教頭先生の合同研修会の模様


↓カノコユリ
何と、球根は食用で茹でて食べられるそうです。


↓月窓亭ではお馴染みのサクララン
今年は、次々と花を咲かせ楽しませてくれます。


↓サフランモドキ
サフランにそっくりの花を咲かせることから、この名が付いたようです。


↓サンダンカ
月窓亭の駐車場を彩ってくれています。
南種子町花に指定されています。


↓サルスベリ
サルスベリは一日花ですが、10月頃までは絶えることなく咲き続けるそうです。

夏の月窓亭へ、お散歩がてらお立ち寄りくださいませ。

お盆期間中も休まず、皆様のお越しをお待ちいたしております。


2016年6月30日木曜日

長雨

6月も今日で終わり、2016年も半分が過ぎようとしています。

九州地方では、梅雨前線の影響で記録的な大雨が続いています。
種子島も雷を伴った激しい雨が降り、傘が手放せない毎日です。


梅雨時期の風物詩といえば「紫陽花」
お屋敷、庭内の至るところに「紫陽花」が見られます。
ジメジメとした日が続く中、「紫陽花」の清々しい美しさに癒されます。


↓月窓亭といえば、「月窓茶」(月桃のお茶)が看板商品です。
おかげさまでご好評いただいております。


↓雨を受けて、庭内の「ゲットウ」(月桃)の花が見頃です。
花言葉は、「爽やかな愛」だそうです。


↓庭内で一際目立つ、珍しい花を発見!!
紫色の大輪の花は「アーティチョーク」という名でした。
和名は、「朝鮮アザミ」
ヨーロッパやアメリカではポピュラーな野菜で、若いつぼみは食用になるそうです。
江戸時代にオランダから渡来したといわれています。


↓月窓亭の癒しの住人、「かめたろう君」と久しぶりの再会!!
元気そうで何よりです。


梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、月窓亭はいつも季節のもてなしを大切に、
皆さまのお越しをお待ちいたしております。