2017年1月17日火曜日

種子島の女殿様「松寿院」


昨年末、西之表市出身(住吉)で、兵庫県伊丹市にお住まいの主婦田村きよ子さんが、種子島の女殿様「松寿院」の紙芝居を作成し、西之表市教育委員会に寄贈されました。

経緯について、田村さんが種子島に帰省した際に月窓亭を訪れ、
村川元子さんの著書「種子島の女殿様 松寿院」を購入されました。
著書をお読みになり、大変感激されたことがきっかけで
著者の村川さんと連絡を取り合い、紙芝居を作る運びとなりました。


松寿院が成し遂げてきたことが、子供たちにも伝わりやすいように、
温かい描写で表現されています。

今後、種子島のあちらこちらでこの紙芝居が広まってゆきますように。


「松寿院」について

寛政9年(1797年)生まれ ~慶応元年(1865年)没
種子島家第23代当主・種子島久道の正室。
父は薩摩藩主、島津斉宣。母は側室(家臣・島津仲久隣の娘)
兄に島津斉興、弟に島津忠公、妹に随姫(佐土原藩主・島津忠徹室)、郁姫(近衛忠熙室)
実名は「隣姫」「於隣」、別名「御隣の方。
夫が文政12年(1829年)に死去。その後、落飾して「松寿院」と号した。

隣姫と久道には後継がいなかったため、室町時代より種子島を治めた種子島家は事実上断絶。
それにより男子後継者を欠いた種子島氏は取りつぶしの危機に陥る。
これを救ったのが隣姫である。隣姫は早急に養嗣子の要請を実家・島津家に行うと共に、実家からの指示で久道の名跡となって種子島を治める事となった。
久道の死から15年間は隣姫が種子島領主となり、領民を治めた。

久道の死から15年後の天保13年(1842年)に、ようやく島津家より養子・久珍(島津斉宣12男)を迎えるも、久珍は嘉永5年(1852年)に死去。
久珍の子・久尚はまだ幼かったため、ふたたび松寿院が久尚の後見という形で種子島を治める事となった。
松寿院は手始めに大浦川の改修工事、島の玄関である西之表港の防波堤整備種子島家累代の墓所整備慶長の役や藩に仕えて亡くなった無名の人々の供養学問所の建築や学用品の授など、領民の生活を守るために奔走した。
また松寿院が大浦荒地に創設した塩田創業は種子島に大いなる利益をもたらし、第二次世界大戦後まで続いた。他にも19代当主・種子島久基が始めた「かんしょ栽培」の功績を称える神社の建立➡栖林神社なども行っている。
慶応元年(1865年)8月20日に久尚とその家族に見守られながら種子島で死去。享年69。
墓地は種子島家の菩提寺である本源寺にある。

↓「松寿院」肖像画 (作画 村川元子氏)

種子島家第28代当主、種子島時望様のご息女、村川元子氏の著書
「種子島の女殿様 松寿院」
書店や当館にて好評発売中です。

松寿院のひたむきな生き様、そして、種子島の歴史を知る上で是非読んでいただきたい名著です。


2017年1月16日月曜日

小正月


 1月11日、今年も好天に恵まれ、西之表市の栖林神社にて、毎年恒例の伝統行事、
「大的始式」が滞りなく執り行われました。


大的始め式にご出席される為、 種子島家第29代当主、種子島時邦様もお見えになりました。
翌日、月窓亭にもお立ち寄りくださり、床の間にてお写真を撮らせていただきました。


↓ 種子島のお正月飾り、ゴーサシもお屋敷の四隅に飾られました。
ゴーサシとは、コノミヤジョウというお正月行事で、紅白の切り餅を
ロクロウの木やエゴノキの枝に挿し、床の間や家の隅々、柱、門木に立てて飾るものです。
小正月に種子島各地域で見られる、五穀豊穣と一家繁栄を祈願する古式ゆかしい行事です。

松寿院様も、華やかなゴーサシ飾りにきっと喜んでおられることでしょう。




2017年1月3日火曜日

2017年始動しました。


明けましておめでとうございます。

新春を迎え、皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


種子島は、例年より暖かいお正月を迎えました。





当館は、鉄砲館と同様、毎月25日が定休日となっております。

月窓亭のお正月風景は、様々な季節のお花で彩られ、趣があります。
また、お正月に四半的体験など如何でしょうか。
是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ。


2016年12月31日土曜日

大晦日


2016年も残り僅かとなりました。

今年も多くのお客様が当館へお越しくださいました。

月窓亭ひとつ葉の会スタッフ一同、感謝申し上げます。



当館では、種子島家に伝わるお正月風景「鶴の巣ごもり」を再現しています。





当館は、お正月も休まず、皆様のお越しをお待ちいたしております。  


2016年11月29日火曜日

月窓亭おんがく会のご報告

 11月19日、当館にて、明治維新150周年かごしま文化力向上提案事業の一環で、「武家屋敷で奏でる和楽器と明治音楽の調べ」と題した演奏会が行われました。

当日は、心配されていた天候にも恵まれ、最高のコンディションの元、
庭内での演奏会が実現しました。
ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。


箏奏者の本藏理恵さん
お正月の音楽として親しまれている「六段の調べ」や、
日本人に馴染み深い「さくら変奏曲」、アイルランド民謡の「庭の千草」、
秋の童謡「里の秋」を奏でてくださいました。

庭内の大きなゴムの木の下が舞台となりました。


↓尺八奏者の福田井山さんと箏奏者の本藏理恵さんによる二重奏の様子です。

種子島ではポピュラーな民謡「こっちこい」の和楽器演奏は、本邦初公開でした。
箏が波の音を奏で、尺八が旋律で重なり、情感たっぷりに演奏してくださいました。



    ↓薩摩琵琶奏者の上川路 龍聲さん
「小敦盛二段一部」を、全身全霊を注いで演奏されました。     
薩摩琵琶は、正座で立てて構え、三角形の撥で弦を激しく払う形の奏法です。
鹿児島の郷土楽器である薩摩琵琶ですが、今回初めて聴く方も多かったようです。


↓何と、天吹もご披露いただきました。
天吹は、薩摩由来の楽器で、尺八より小さく、音域の高い竹笛です。
藩政時代から武士たちにたしなまれていたそうです。


↓尺八奏者 福田井山さん
「都山流 尺八本曲 慷月調」を演奏されました。


※都山流とは、明治29年に中尾都山が大阪で創始、
今は京都に本拠を置く国内最大の尺八流派です。


福田さんは、尺八について丁寧に説明してくださいました。
尺八の名前は、管長が一尺八寸(約54センチ)であることに由来し、
出せる音域は2オクターブ半くらいだとおっしゃっていました。



↓立山にお住まいで、月窓亭のスタッフでもある 小倉良光 さんが
      立山地区に伝わる種子島民謡「カシミル号遭難の歌」を抜粋して歌って
         くださいました。
        島民でもなかなか聴く機会が無く、貴重な歌の披露となりました。




最後は、お越しくださった皆様全員で明治唱歌「故郷の空」、「紅葉」、
「ふるさと」を合唱しました。

和紙や竹を用いての灯りの演出もあり、和の風情が漂う庭内となりました。
幻想的な灯りの中、月窓亭中に美しい和楽器の音色が響き、
秋の夜長にぴったりの優雅なおんがく会となりました。


2016年11月9日水曜日

第3回種子島元気村イベントのご案内

立冬を迎え、冬の気配を感じる季節となりました。

11月13日、西之表市役所すこやか前駐車場にて、「第3回 種子島元気村」イベントが
今年も開催されます。
月窓亭では、オリジナル人気商品、月窓茶の販売を行います。
試飲コーナーも設けますので、皆様是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

月窓茶について
日本南限のお城・赤尾木城の周辺に自生するしょうが科・月桃の葉から作ったお茶
   月窓茶の民間伝承
                                   <効能>
                       1 赤ワインの34倍のポリフェノール
                       2 強力な抗酸化物質
                       3 ガン生活習慣病の改善
                       4 アレルギー体質の改善
                         5 加齢シミ・シワの予防
                         6 ニキビ・吹き出物の予防
                         7 強力な抗菌作用(防腐・かび予防・消毒剤)
                         8 防虫効果大(葉を押し入れ・キッチンの下へ)
                         9 煮汁を家の周りにまき、シロアリ予防



           月窓茶は、一か月に80袋程、売れております。
            お土産にも大変人気のある商品です。
           美容と健康の為に、月窓茶は如何ですか。



2016年11月5日土曜日

月窓亭おんがく会のご案内


 11月に入り、めっきり冷え込むようになりました。

さて、月窓亭では11月19日に「和楽器と明治音楽の調べ」と題し、
薩摩琵琶や尺八、箏奏者をお招きし、邦楽を中心とした演奏会を開催いたします。
平成30年は、明治維新から150周年の節目の年になり、今回の演奏会は、
鹿児島県文化芸術振興事業の一環で行われます。

日本の伝統楽器の魅力を感じていただけるよい機会となります。
明治音楽には、馴染み深い曲も多く、皆様ご存知の音楽も演奏されます。
チケットは、鉄砲館、月窓亭にて好評発売中です。
定員、100名の為、前売り券のみの販売となります。
興味のあられる方は、お早めにお買い求めくださいますよう、お願いいたします。


薩摩琵琶、尺八、箏奏者の御三方は、それぞれ鹿児島でご活躍されております。

また、尺八と箏のコラボレーションで、種子島の民謡「こっちこい」の披露もございます。
和楽器での「こっちこい」の演奏は、初公開となります。

当日は、月窓亭お屋敷内外に手作りの灯りを設置予定です。
秋の夜長に相応しい邦楽の夕べ、沢山のご来場をお待ちいたしております。