2017年11月30日木曜日

紙芝居


 種子島の偉人 「せいりんさま」 紙芝居

 前に紙芝居で、種子島家第23代種子島久道の名跡として夫の死後、種子島の政を行った松寿院を題材にした「たねがしまのおんなとのさま」をいただいた、兵庫県伊丹市の田村きよ子さんより、今度は種子島家19代種子島久基を題材にした「せいりんさま」をいただきました。
 日本で初めての甘藷の導入・栽培について描かれたものです。



 11月24日(金) 西之表市長室で贈呈式  田村きよ子さんより八板俊輔 市長へ

 今後、前に寄贈いただいた「たねがしまのおんなとのさま 松寿院」と同じく、西之表市立図書館で多くの方々に利用されます。

  

 この後、市長、教育長ほか関係者の前で、田村さん自身により披露されました。
 皆さん、その内容と完成度のすばらしさに感心しきりでした。



 紙芝居は、小型のものを月窓亭へもいただいています。



第19代島主 種子島久基(たねがしま ひさもと)

 久基(1664~1741)は、長い間薩摩藩の家老職を務め藩政を指導するとともに、種子島においては殖産興業(甘藷、はぜ蝋、製塩、製鉄、植林)に尽力した。
 なかでも元禄11年(1698)琉球国王尚艇貞より甘藷一籠を譲り受け、栽培普及させた功績は大きい。日本での甘藷栽培の始まりである。
 産業振興に積極的に取り組んだと同時に質素倹約を督励し、家政再建を進めて借財の削減に努めた。また、学問も大いに奨励した。
 元文元年(1736)隠居して家督を嫡男・久達に譲り、栖林(せいりん)と号した。寛保元年(1741)死去。享年78歳。
 文久3年(1863)第23代 種子島久道の正室・松寿院によって、久基を祭神とする栖林神社が創建された。「からいも神社」とも言われる。

2017年11月6日月曜日

文化の秋


早いもので、もう11月・・・・・・

西之表市でも11月4日(土)と5日(日)の両日、市民文化祭が開催されました。

月窓亭では、例年のように「表千家同好会」によります「茶道実演」が行われ、多くの来館者にお茶が振舞われました。

この日はたまたま訪れた方々も、茶道を体験していただき、たいへん好評でした。




多くの方がお茶をいただきました。
良い経験ができたと喜んでいただきました。




今年も、西之表市下西の榎本 修さんより菊を10数鉢お借りして庭に配置しています。
きれいですね。落ち着きます。
より一層秋らしくなりました。








台風の影響と少し寒い日が続いたせいか、月窓亭庭の桜に花がいくつか咲き始めました。

この季節には、めずらしいですね!!

季節外れの・・・・・・・





前に、紹介していためずらしいアガザベネズエラもかなり大きくなりました。すでに3m以上です。
花は今からですかね?






2017年10月18日水曜日

研修視察と四半的大会


10月13日(金)~15日(日)にかけて、月窓亭ひとつ葉の会では、研修視察を兼ねて宮崎県日南市の飫肥城の見学と四半的大会に参加してきました。


月窓亭では、平成26年度に宮崎県日南市飫肥城の指導を受け四半的を導入し、来館者への体験できるメニューとして提供しています。

 
     飫肥城大手門前で
     飫肥城歴史資料館、松尾の丸などを見学しました。


 さすがに飫肥城下は宮崎県の観光スポットだけに、観光施設が充実しています。

 この日は、飫肥城城下祭りとあって、多くの人が見学にきていました。


 四半的大会は、当日雨天が心配されたため、会場が日南市総合運動公園おびすぎドームに変更になりました。




           

          宮崎県、熊本県、それと種子島から27チームが参加


 宮崎県では四半的は、広く県民に親しまれており、このような大会が県内各地で開催されている

とのことでした。

 そのせいか、みなさんお上手でほとんどが命中でほとんど的を外しません。
 
我々の腕はまだまだです。最下位でした。



四半的(しはんまと)

日南市飫肥付近を中心に伝わる独自の弓術。日南市無形民俗文化財指定。

的までの距離が四間半(約8.2m)、矢の長さが四尺半(約1.36m)、的の大きさが四寸半(約13.6cm)あ事から「四半的」の名がある。現在では宮崎県を中心に愛好者が広まっており、熊本県東京都府中市でも親しまれている。永禄10年(1567)に伊東義祐島津忠親がいる飫肥城を2万騎を率いて攻撃した。島津軍は援軍を送ってきたが、竹で作った半弓で武装した農民たちが島津軍を圧迫し、伊東軍が勝利した。この功績により、伊東義祐が農民に娯楽目的で弓を持つことを許可した。これが四半的の始まりと言われている。天正11年(1583)の島津家の家老である上井覚兼の日記には「武将たちが酒盛りの余興として「四半」を行った」という記録があり、遅くともこの時期には飫肥近辺で広く行われていたことが分かる。国境防衛策と娯楽を兼ねて、伊東家家臣山田宗昌(匡得)が振興した物と伝わっている。


2017年9月26日火曜日

もう秋!




9月になり種子島も朝夕めっきり涼しくなってきました。

月窓亭も台風18号の被害はなかったのですが、落ち葉がすごくて掃除が大変です。

しかも、台風の潮風をあびて、1週間たっても毎日落ち葉が多いこと・・・・・


月窓亭も、いよいよ秋が近づいてきている感じです。

月窓亭の土手には、ピンクのサフランモドキが満開です。




また、月窓亭駐車場の植え込みにはバンジロウ(グァバ)が小さな実を付けています。


今年は豊作ですね。おいしくな~れ!


庭のパパイヤの実も少しずつ大きくなっています。



柿の実も台風で大分落ちましたが、今年も豊作です。


また、めずらしいアガベベネズエラという植物の花茎(60年に一度といわれていますが、10年に1度くらいは見られます)が伸びています。現在1.5メートル程度です。
リュウゼツラン(龍舌蘭)によく似ています。






9月になって、月窓亭も個人旅行のお客様は少なくなってきましたが、ツアーがいくつか入ってきま

した。種子島は結構人気の島なんですね。

そういえば、gooランキングで「死ぬまでに行ってみたい!ディープな離島」

ランキングで、なんと種子島が一番人気です。


2017年8月22日火曜日

種子島鉄砲まつり


 8月20日は、種子島最大のイベント鉄砲まつり!

 前日の19日(土)は、延期になっていたロケット「みちびき3号機」が打ち

上げられました。見事 成功!   さすがJAXA 成功率高いですね。


 月窓亭からも、きれいに見ることができました。



 いつ見ても、感激ですね!



 また、夜は「熊野信仰と現代の健康観」 講演と丸石輝正さんのコンサート

が月窓亭で開催されました。

 第1部は、熊野本宮在住のさくら診療所長 山下 成人氏の~終活のすすめ~の講演

 


この講演の中で、「死ぬときに後悔すること 25」のうち9つ紹介されました。

お互い参考にしましょう!





第2部は、丸石輝正さんのコンサート

歌とトークで、会場と一体となって、楽しい時間を過ごすことができました。




翌日、20日(日)は鉄砲祭り

多くの人でにぎわいました。


  西之表市指定文化財「太鼓山」



「女山」


「子ども山」

月窓亭も、パレードの通りで「月窓茶」のサービスを行いました。好評でした。


祭りの参加者の方々も、スタッフも暑い中お疲れさまでした。

2017年8月16日水曜日





 
 お盆も過ぎて、少し落ち着てきたようです。

月窓亭も、毎日多くの観光客や帰省客が訪れ、大忙しでした。

ホッとするのもつかの間、今度の日曜日(20日)は鉄砲祭りです。

また、多くの方々が月窓亭に来られると思います。


 さて、以前から、月窓亭とも関係の深い 丸石輝正 が今年も鉄砲祭りに参加され、

 前日19日(土)月窓亭で 17:30より(開場 17:00)


 講演とコンサート『熊野信仰と現代の健康観』
              ~終活のすすめ~

 が開催されます。

 第1部 講演 17:30~  (30分)
 熊野本宮在住 山下成人医師による講演

 熊野いsン港と現代の健康観から、人生の終盤において、イキイキと生きるために何が大切かを話していただきます

第2部 丸石輝正コンサート  18:00~  (約1時間)
 入場料は 500円です。 (高校生以下無料) 定員 50名です。

 ぜひお越しください。









2017年8月12日土曜日

種子島のお盆


 連日暑い日が続いています。

 
 明日から、お盆   

 種子島への帰省客も多いようです。

 月窓亭では、昔の種子島のお盆の展示を行っています。

 種子島でのお盆を紹介します。


お盆の精霊様のお迎え

盆はどの家でも精霊様をお迎えしてご馳走をする日。迎え火を焚く地域、墓参りに行く地域と様々である。14日・15日は一日に数回もご馳走を取り替えなければならないから、一家の主婦は大忙しである。
床にはバショウ(芭蕉)の葉を敷いて、その上にご馳走を並べる。
    ご先祖のすべての位牌の前に①お花②ご飯(箸は丸い竹)③煮しめ(油あげと昆布)④油あげ⑤うちわを供える。








 種子島では、縁側に水棚を作ります。

  墓に御先祖の精霊様を迎えに行きますが、このとき行く当てのない霊も一緒について家まで来ます。この行く当てのない霊をそのままにしていると、家によくないことが起こると言われ、そのため、行く当てのない霊の為、水棚をつくり霊をここに宿しご馳走します。




精霊棚又は水棚


世上には諸々の悪霊も彷徨っていると考えられている。
我が家の精霊様だけをお迎えし、ご馳走をするとその悪霊がその家に悪戯をするという。その行き場のない悪霊様にも棚を作ってご馳走をする。
水棚の中には、①シキビやソーハギ ②ミズノコ(芭蕉を刻んだものでこれをアラーネという。洗米の代用品) ③ご飯
④煮しめ ⑤茶 ⑥油揚げ ⑦新しいバケツに新しい柄杓




 
          残念ながら、現在、水棚を作る家はほとんどありません。



精霊送り

 15日の夕方、灯籠に火をとぼし、精霊様をお連れして墓に行き、迎えのときと同様にお供えをし、送り火を焚き、極楽浄土へお送りします。
帰りの道は灯籠の火を消します。
16日には精進明けとなります。